重曹の賢い使い方

重曹の基礎知識

重曹の1日の摂取量

重曹は膨張作用があるため、食用としてケーキやパンなどの膨らし粉として使用できますし、クエン酸と一緒に水に溶かして食事中に飲むだけで胃を膨らませる効果があり、脳が満腹を感じられますので、食事を減らす事もできダイエットにも活用出来ます。

食用として重曹を服用する場合には、いくらでも重曹を飲んでいいというわけではなく一日の摂取量の目安がありますので、その点だけは気をつけなければいけません。

基本的に、重曹の一日あたりの摂取量の目安は5g以下となっています。ダイエットだけでなく料理にも使用する場合には合計の使用量を考えてみることが大切になります。

前述のようなクエン酸を一緒に作る【重曹クエン酸水】はコップ1杯に対して、重曹が0.5~1g程度が基本となりますので、1日に飲む重曹クエン酸水は他の料理で使用しないとしても5杯が限度と言う事になります。それ以上に飲みたいという場合には、重曹の量を減らして合計5g以下になるように工夫することです。

ですが、これは健康な一般的な人の場合の摂取量ですので、他に病気を持っている人は医師に確認の上で摂取量を考える必要があります。重曹は、正式名称が炭酸水素ナトリウムというように、ナトリウム(塩)が含まれていますので、大量摂取する事で塩分を多く摂取した事になります。そのため、高血圧や腎臓病などの病気を持っている人で塩分を控えるように指導されている人は重曹は摂取しない方がいいです。

このように、重曹は様々な効果が期待できるのですが、副作用がでないように摂取量は守るようにしましょう。

重曹の賢い使い方
重曹の基礎知識
重曹のまめ知識
重曹の使い方 消臭
重曹の使い方 洗濯
重曹の使い方 掃除
重曹の使い方 美容
重曹の使い方 料理
プライバシーポリシー | お問合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 重曹の賢い使い方 All Rights Reserved