重曹の賢い使い方

重曹の基礎知識

重曹の種類

一口に重曹といっても、いろいろなものがあります。それを大きく分けると医療用・工業用・食用の3つに分類されます。

医療用としては、工業用・食用よりも純度が高くより細かい粒子の重曹となります。そのため一番高価な重曹と言えます。弱アルカリ性のため、胃酸過多や胃潰瘍の酸が出過ぎる場合に中和する効果があります。

そのため胃腸薬などにも重曹は含まれているのです。また発泡効果もあるたため、バリウムの発泡剤として使用されています。内服用としてではなく大腸の内視鏡検査などの際にも使用されています。ですがこの重曹も病状によっては服用できない場合もありますので、摂取する場合は注意が必要になります。

一般的に使われる重曹が食用の重曹です。値段も医療用に比べてリーズナブルです。主にベーキングソーダやタンサンなどとして販売されています。膨張作用があるため、ホットケーキやケーキなどを柔らかくする場合などに使用されますし、山菜などのあく抜きや肉を柔らかくする効果もあります。また食用とはいっても食べるためではなく、柔らかな研磨作用もあるため歯磨き粉などにも活用されています。

一番価格が安いのが工業用の重曹です。そのためきめが粗くダマになりやすいという特徴があります。その反面きめの粗さから掃除の際のクレンザー代わりや、乳化作用によりかるい油汚れを浮き上がらせる効果がありますので、掃除や洗濯にも使えますし、酸性の酸っぱい臭いを中和する効果もありますので、消臭剤としても利用できるのです。ですが、服用は使用しない方がいいです。

このように、種類も様々で用途も違いますので、間違わずに使用する事です。

重曹の賢い使い方
重曹の基礎知識
重曹のまめ知識
重曹の使い方 消臭
重曹の使い方 洗濯
重曹の使い方 掃除
重曹の使い方 美容
重曹の使い方 料理
プライバシーポリシー | お問合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 重曹の賢い使い方 All Rights Reserved