重曹の賢い使い方

重曹のまめ知識

重曹とベーキングパウダーの違い

重曹には膨張作用があり、食用としてケーキやパン、ドラ焼きなどに入れて使用すると素材を膨らませる効果があります。そういった場合に使用するのが食用の重曹でベーキングソーダと呼ばれるものを使用したりしています。

同じようにスポンジケーキなどを焼く場合に、一般的に使用されているのがベーキングパウダーというものを使用します。

ベーキングソーダ(重曹)とベーキングパウダー、同じような名前で性質も似ているのですが、その違いは、ベーキングパウダーの主成分になっているのがベーキングソーダ(重曹)なのです。いいかえればベーキングソーダ(重曹)にクエン酸やリン酸カルシウムなどを加えて、より炭酸ガスの発生率を上げたものがベーキングパウダーなのです。

もともと重曹は色が黄色く苦味もあり独特の臭いもある物質であるため、重曹をお菓子の生地などに混ぜると、色が黄色く出来あがったり独特の臭いが残ったりします。そのため、あまり色を濃くしたくない、味も薄くという場合にはベーキングパウダーを使用し、濃い色合い・味を出すお菓子の場合には重曹を使うといいです。

また重曹とベーキングパウダーは性質も異なり、重曹は水には反応せず加熱しないと膨らみません。ですが、バーキングパウダーは水や常温でも反応しますので、混ぜ合わせたらすぐに焼かなければいけないのです。

ですので、生地を寝かせておきたいという場合には重曹を使用するといいです。 重曹からできたベーキングパウダーですが、作るものによってどちらがいいか変わってきますので、その特徴などを知っておくと失敗が少なくお菓子が作れます。

重曹の賢い使い方
重曹の基礎知識
重曹のまめ知識
重曹の使い方 消臭
重曹の使い方 洗濯
重曹の使い方 掃除
重曹の使い方 美容
重曹の使い方 料理
プライバシーポリシー | お問合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 重曹の賢い使い方 All Rights Reserved