重曹の賢い使い方

重曹のまめ知識

重曹を使う時の注意点

重曹は色々な事に使えてとても便利な物質なのですが、使用する際には注意する点があります。

重曹がもともと持っている弱アルカリの成分により、食器などにアルミを使った製品は黒く変色してしまう可能性があります。また弱いアルカリといっても、肌が弱い人は手荒れをおこしたりする事もあります。

掃除などをする際には重曹の研磨作用で汚れを落とすことができるのですが素材によっては塗装をはがしてしまったり傷付けてしまったりする事もあります。特に気をつけなければいけないものには、漆器、大理石、クリスタル製品などは高価なものもありますので注意が必要です。

また、畳やゴザなどは繊維に含まれるタンパク質と重曹が化学反応をおこしてしまいシミになったりする事もあります。同じように柱などの塗装を施されていない木材などもシミになってしまう事もありますので、材質をしっかり見極めておこなわなければいけません。 洗濯をする場合にも、シルクなどの製品には向いていません。

重曹は大きく分けると医療用・食用・工業用の3つがありますが、純度や質が変わってきますので使用用途にあった重曹を使う事です。掃除や洗濯などには工業用、パンやケーキなどを使う時には食用、薬として飲む場合には医療用というようにしなければいけません。

ダイエットやお菓子などの食用として服用する場合には、一日の摂取量を5g以下におさえなければいけません。たとえ身体に良いといっても、重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウムですので塩分の過剰摂取となりますので気をつけなければいけないのです。 いろいろなものに使える重曹で、地球にも優しいのですが、使い方を間違えるとトラブルを発生することになりますので十分に使用方法を確認する事です。

重曹の賢い使い方
重曹の基礎知識
重曹のまめ知識
重曹の使い方 消臭
重曹の使い方 洗濯
重曹の使い方 掃除
重曹の使い方 美容
重曹の使い方 料理
プライバシーポリシー | お問合わせ | サイトマップ
Copyright (C) 重曹の賢い使い方 All Rights Reserved